不妊治療

【現実】不妊治療は年齢が高いと成功率が下がる!?早めに受診を!

投稿日:2020-01-28 更新日:

「自分の子供が欲しいなら早く不妊治療を受けて」
こんなことがよく言われていますし、私も同感です。

とはいえ、
・そもそもなんで早く不妊治療を受けたほうがいいの?
・不妊治療を始めるなら何歳からがいいの?
という方も多いと思います。

そこでこの記事では、そんな不妊治療を始めようか迷っているあなたのお悩みを、不妊治療当事者の観点から解決します。

具体的には、
・早く不妊治療を受けたほうがいい理由
・不妊治療を始めるのに適した年齢
の順番に重要なポイントだけをご紹介していきます。

2分くらいで読めますし、まずはご一読を!

早く不妊治療を受けたほうがいい理由

不妊治療を始めるかどうか迷っているなら、できるだけ早く不妊治療を受けたほうがいいです。

なぜなら、年齢が上がれば上がるほど治療の効果がどんどん低くなってしまうからです。

逆に言うと、若ければ若いほど、妊娠率は高くなります。

不妊治療をして出産できる確率は、
・35歳:16.3%
・42歳:0.6%
です。

さらには、41~42歳で妊娠率と流産率が逆転して、流産率のほうが高くなります。

このように、子供を望んでいるなら、できるだけ早く不妊治療を受けたほうがいいです。

不妊治療を始めるのに適した年齢

では、何歳から治療を始めたらいいのでしょうか?

結論から言うと、年齢を問わず、早めに治療したほうがいいです。

なぜなら、避妊しないで1年以上性交しても妊娠しなければ、それは不妊症だからです。

一般的に、避妊なしで性交すると80%が1年以内に妊娠、90%が2年以内に妊娠します。

にもかかわらず妊娠しない原因は様々です。

例えば、
・女性:卵巣、卵管、免疫
・男性:精子が少ない、動かない、奇形、そもそも性行為できない
といったことが考えられます。

このように、不妊症であれば、年齢を問わず、早めに検査や治療をしたほうがいいです。

僕たち夫婦も結婚後1年しないうちに検査を始めました。

検査開始から2年経ちますが、こんなに時間がかかるとは、開始当初は思いもよりませんでした…。

まとめ

ここまでの内容をまとめると…

  1. 不妊治療をする際、年齢が高いほど妊娠しにくい。
  2. 年齢を問わず、不妊症なら早めに治療したほうがいい。

となります。

不妊治療を早めに始めたほうがいい理由がわかったと思います。

若ければ若いほど治療の成功率、つまり妊娠率が上がることがはっきりしています。

不妊症を自覚したら早めに治療を開始しましょう。

-不妊治療
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

胚移植の進め方

こんにちは、ヒビキです。 胚移植の進め方について、いろいろな用語が出てきたり選択肢が何通りもあったりして複雑なので、ここで簡単に整理してみました。 参考にしたのは、はらメディカルクリニックのサイトです …

【レビュー】男性不妊・妊活サプリメント【海乳EX】を1年以上飲み続けた感想

不妊治療に関して、今でこそいろいろな知識がありますが、始めた頃は、精子状態の改善のためには亜鉛が良いということぐらいしか知りませんでした。 僕は、精液検査の結果、運動率が低く精子無力症と診断されていま …

不妊治療でお金がない…それならクラウドワークスやランサーズで副業してお小遣いを稼ごう!

「不妊治療はすごくお金がかかるぜ…」 「子どもは欲しいけど、産んだり育てたりする前に一文無しになっちゃうよ…」 「今の家計収入にもう少し収入が増えたらいいのにな」   こんなお悩みに答えます …

不妊治療のお金を工面するために【副業のススメ】

目次1 不妊治療のお金を工面するために2 不妊治療中にオススメの副業はWebライター3 Webライターとして仕事をするための入門書【3冊厳選】3.1 Step1『新しい文章力の教室』3.2 Step2 …

【2回目の体外受精後の妊娠判定】かかる時間やhCG値の目安は?妊娠判定の結果も報告します。

  今回は、胚盤胞を移植してから、妊娠判定までの流れを紹介します。 お世話になっているはらメディカルクリニックの方針に沿ってご紹介します。 あわせて僕たちの妊娠判定結果もご報告します。 目次 …

Hibikitty

Hibikitty Blog 運営 | 【経歴】国立大学▶︎引きこもり▶︎中小企業▶︎ブラック企業▶︎ブラック企業▶︎大学院中退▶︎ホワイト企業に就職/事務職▶︎SEO・ブログ・アフィリエイトを頑張りたいです。

詳しいプロフィールはこちら