引きこもり

引きこもりが50代になったのは誰のせい?【本人・親・文化】

投稿日:2019-05-25 更新日:

「引きこもり続けてついに50歳の誕生日を迎えました。」

こんなことを言われたらドキリとしてしまいますよね。

 

これに対して、

  • 引きこもり続けて50代になったって本当!?
  • どうしてそんなに長い間引きこもることになったの?

という方も多いかもしれません。

 

そこでこの記事では、引きこもりが50代を迎えたことについて、社会問題ライターの観点から解説します。

 

具体的には、

  • 50代引きこもりの原因①:恥の文化のせい?
  • 50代引きこもりの原因②:親のせい?
  • 50代引きこもりの原因③:本人の責任?
  • 「8050問題」とは80代の親と50代の引きこもりの子どもの社会問題
  • ひきこもり調査:50代引きこもりの人数は
  • まとめ:家族を取り巻く日本社会の姿

の順番に解説していきます。

 

引きこもり問題だけでなく、現代家族のあり方や社会全体について考えたい方にもおすすめです。ぜひご覧ください。

50代引きこもりの原因①:恥の文化のせい?

引きこもりの支援を続けてきたある支援者は、引きこもりが50代にまで長期化・高齢化してしまった原因を恥の文化に求めます。

 

なぜなら、家族の数だけ問題はさまざまなのに、家族内の問題をギリギリまで外へアピールしないのを何度も見てきたからです。

 

事実、自分の子どもが20代から引きこもっているのに、支援機関に相談しにきたのは子どもが50代になってからという場合があります。

 

これが引きこもりの長期化の原因として考えられるものの1つめです。

50代引きこもりの原因②:親のせい?

高度経済成長やバブル期を経た後の家族の姿を追うと、そこに引きこもり高齢化のヒントが見えてくるという主張もあります。

 

つまり、現在の70~80歳代のたちは、高度経済成長やバブルの恩恵を受け財力があります。そのため引きこもり一人を養うことができてしまいます。

 

親の世代にとって、高校や大学を卒業し就職して結婚・家庭を持つという、人生のストーリーは当然のものと考えられています。

 

ところが自分の子に限ってそれがうまくいかないため、親は世間から引きこもりの事実や子どもの存在を隠してしまいます。

 

そうすることで、中高年引きこもりは親や家族に「引きこもらされる」、という状態になっていまうのです。

 

これが引きこもりの長期化の原因として考えられるものの2つめです。

50代引きこもりの原因③:本人のせい?

引きこもりの長期化の原因として最後に本人のせいだとする考えを紹介します。

 

これは簡単に言うと、本人が怠けているだけだという考えです。

 

事実、テレビ取材で見る本人の姿は、見る人をそのように思わせるような人が多いように思います。

 

「面接に行こうと思ってるけど…なんか面倒で…」

と言って、親の年金に頼って生きている姿を見ると、必死に頑張って働いている人からすれば苛立つのももっともです。

 

こうした姿から、引きこもりの原因を本人の怠け甘えとして捉えるのです。

 

これが引きこもりの長期化の原因として考えられるものの3つめです。

「8050問題」とは80代の親と50代引きこもりの子の社会問題

「8050問題(はちまるごーまるもんだい)」とは、80代の親の高齢・介護問題と50代の子の引きこもり問題が合わさった形での、深刻な社会問題を指します。

 

親にはもはや収入はなく、親子で孤立した状態となり、すでにそうした親子が孤立死したという事件・事故も生じています。

 

今後中高年引きこもりに手を差し伸べない限り、こうした問題はさらに広がることが予想されるため、喫緊の課題として残されています。

ひきこもり調査:50代引きこもりの人数は

では中高年引きこもりはどのくらいの人数がいるのでしょうか。

 

内閣府の「若者の生活に関する調査」(2016年)によれば、15~39歳のひきこもりの「若者」は全国に54万人いると推計されています。

 

40歳以上のひきこもりに関しては、自治体の調査から推計すると、

  • 山形県の調査(2013年)44%
  • 島根県の調査(2014年)53%
  • 佐賀県の調査(2017年)71%

でした。

 

ここからは、40歳以上のひきこもりは、全国に70万人近くが潜在していることになります。

 

孤立死の可能性を考えれば、すべてを自己責任として放っておいていいのかは疑問が残りますし、社会にとって望ましいとは言えない気がします。

 

一旦社会から滑り落ちて、気持ちが沈んでも誰も手を差し伸べない世の中で、本当にいいのでしょうか?

まとめ:家族を取り巻く日本社会の姿

ここまでの内容をまとめると、引きこもりの長期化の原因として、

  1. 文化
  2. 親(家族)
  3. 本人

の3つを挙げました。

 

どれか一つに原因を特定するのは難しいでしょう。

 

むしろ、本人も親も文化も含めた社会全体の問題として捉え直し、どんどん問題を発信していくことが、問題の解決の糸口になるのではないでしょうか。

-引きこもり
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

引きこもりは無理して外出しなくていい【信頼できる支援機関を利用しよう】

引きこもりの悩み「本当は家にいたくないし外に出たいけど、外出するのがまだ怖いな。人の視線とか、大きな音が気になるよ。がんばって外に出るとすごく疲れちゃう。それでも外出しないとだめかなぁ?」 &nbsp …

引きこもりは美容院に行くな!【散髪時に会話したくないあなたへ】

引きこもりは美容院に行くな!【散髪時に会話したくないあなたへ】

    引きこもりの悩み 「髪が伸びてきたから切りたいけど、美容院に行くと仕事の質問をされたり、色々話しかけられたりして本当に嫌だなぁ。」「美容師さんと会話したくないよ。ただ髪を切 …

【おすすめ本】30歳過ぎの文系大学院生が民間企業に就職する方法

今回は、30歳過ぎの文系大学院生だった僕が民間企業に就職した方法を紹介します。   研究職志望の院生が就職を決めるまでは、様々な経緯があると思いますが、この記事では、就職を決意した院生がどう …

「ひきこもりクライシス」とは?中年クライシスを生き抜くヒント

  目次1 「ひきこもりクライシス」とは2 「ひきこもりクライシス」特集の意義・目的3 「ひきこもりクライシス」の6つのカテゴリー4 「ひきこもりクライシス」の最重要課題【中年】4.1 「ひ …

引きこもりにウォーキングをすすめる4つの理由

引きこもりにウォーキングをすすめる4つの理由

  引きこもりのつぶやき 「やることなくて暇だな。でも外で働いたりして他人と会うのは怖いな…。家にばかりいると体がなまっちゃうし、気分も暗くなってくる…。どうしたらいいかな?」   …

Hibikitty

Hibikitty Blog 運営 | 【経歴】国立大学▶︎引きこもり▶︎中小企業▶︎ブラック企業▶︎ブラック企業▶︎大学院中退▶︎ホワイト企業に就職/事務職▶︎SEO・ブログ・アフィリエイトを頑張りたいです。

詳しいプロフィールはこちら