引きこもり

引きこもりは美容院に行くな!【散髪時に会話したくないあなたへ】

投稿日:2018-12-12 更新日:

 

引きこもりは美容院に行くな!【散髪時に会話したくないあなたへ】

 

引きこもり引きこもりの悩み
「髪が伸びてきたから切りたいけど、美容院に行くと仕事の質問をされたり、色々話しかけられたりして本当に嫌だなぁ。」「美容師さんと会話したくないよ。ただ髪を切ってくれればいいんだけど…どうしたらいいかなあ?」

 

 

今回はこんなお悩みに答えます。

 

記事の内容

  • 引きこもりは美容院に行くな!【1000円カットに行きましょう→早い、安い、会話無し】
  • 髪型にこだわりがある人には不向き

 

1000円カットでは一切会話をせずに髪を切ってくれます。

 

1000円カットに行くと、余計な会話をせずにたった10分で終わり、1000円で済みます。

 

今まで通っていた美容院は、カットとシャンプーで1時間近くかけて4000円だったので、4分の1の節約になりました。

 

また、最初の注文のとき以外、会話をしないので精神的に楽。

 

美容院では、仕事や家族のことなどを聞かれて苦痛でした。

 

1000円カットに行くようになって、苦痛から解放されて本当に良かったです。

 

引きこもりは美容院に行くな!【1000円カットに行きましょう→早い、安い、会話無し】

引きこもりは美容院に行くな!【散髪時に会話したくないあなたへ】

引きこもりが髪を切りたくても、美容師さんと会話したくないとき、どうしたらいいでしょうか?

 

人と話すのが苦手で引きこもっているので、美容院での会話は結構ハードルが高いです。

 

これについて僕は、引きこもりは美容院に行くのではなく、1000円カットに行こう!、と提言します。

 

1000円カットって大丈夫?変な髪形にされたら嫌なんだけど?

こんな心配があるかもしれません。

 

そこで1000円カットがどんなところかを説明します。

 

まず、「1000円カット」を知らない人はもういないのではないでしょうか。

 

1000円で髪の毛のカットをしてくれる美容院・理容室のことです。

 

時間にして約10分で終わることも売りで、早い・安いというのが1000円カットのイメージだと思います。

 

なぜ、1000円で済むのかというと、理由は「薄利多売」に尽きます。

 

一人あたり10分で仕上げて、次々と回転させることで利益を出していきます。

 

髪型の希望を聞いてくれますし、写真などを持って行って見せれば安心です。

 

ひどい髪型になることはありません。

 

会話をするのは、この髪型の注文をするときだけ。

 

たった10分でカットが終わってしまうので、他に余計な会話をする時間がないのです。

 

この【会話無し】というところも1000円カットの大事なウリだと思います。

 

なので、1000円カットの売りは、早い・安い・会話無しといえるでしょう。

 

ちなみに、カット後に掃除機で吸い取ってくれるところや、シャンプーを別料金でやってくれるところもあります。

 

お金が無く会話が苦手な引きこもりは、これだけメリットのある1000円カットに行くことをおすすめします。

 

髪型にこだわりがある人には不向き

1000円カットの技術に問題はありません。ただし、多くを求めてはいけません。

 

「髪型に結構こだわりがあるんだよね~」という方には、残念ながら1000円カットはおすすめできません。

 

一人10分で仕上げるのが1000円カットの使命なので、美容院とはどうしてもこだわりに対する差が出てきます。

 

髪型や髪の毛のクセへの対応など、こだわりを持っている人には1000円カットは向いていないと思います。

 

そのような方は、時間をかけてじっくり対応してくれる美容院へ行くことをおすすめします。

 

ちなみに、利用者のほとんどは男性なので、女性は行きづらいかもしれません。

また混んでいると結構待つので、お店の混み具合はよく注意したほういいと思います。

 

このように、1000円カットに多くを求めないなら、1000円カットで十分です。

 

まとめ

ここまでの内容をまとめます。

  • 引きこもりには美容院より、会話をせずに済むので1000円カットがおすすめ。
  • ただし1000円カットに向かない人もいる。

 

「会話せずに済む」だけで引きこもりにとって十分メリットになりますね。

 

それに加えて、早い・安いとくれば行かない理由がない!

 

というわけで、1000円カットをおすすめします。

 

少しでも参考になれば幸いです。

それでは今日はこの辺で。

-引きこもり
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

【おすすめ本】30歳過ぎの文系大学院生が民間企業に就職する方法

今回は、30歳過ぎの文系大学院生だった僕が民間企業に就職した方法を紹介します。   研究職志望の院生が就職を決めるまでは、様々な経緯があると思いますが、この記事では、就職を決意した院生がどう …

引きこもりは無理して外出しなくていい【信頼できる支援機関を利用しよう】

引きこもりの悩み「本当は家にいたくないし外に出たいけど、外出するのがまだ怖いな。人の視線とか、大きな音が気になるよ。がんばって外に出るとすごく疲れちゃう。それでも外出しないとだめかなぁ?」 &nbsp …

うつ病に苦しむ主婦が、引きこもりから脱出できた理由

  「引きこもり女性の4分の1が既婚者」   この引きこもり状態にある既婚女性のことを、一般に「引きこもり主婦」と呼びます。   そんな引きこもり主婦が、引きこもり女性の …

引きこもり10年の当事者と家族の思いとは?支援者の悩みも

「10年間引きこもっていました。」 10年という長い間、引きこもるという経験は、当事者だけでなく周囲の家族にとって、いったいどのような経験なのでしょうか?   そしてそんな長い間引きこもって …

ひきこもり女子会とは?就労支援ではなく女性に特化した取り組みを!

目次1 ひきこもり女子会とは2 ひきこもり女子会のやり方3 ひきこもり女子会の効果4 ひきこもり女子会参加者の悩み5 ひきこもり女子会の全国化6 内閣府の調査には「専業主婦」「家事手伝い」が含まれない …

Hibikitty

Hibikitty Blog 運営 | 【経歴】国立大学▶︎引きこもり▶︎中小企業▶︎ブラック企業▶︎ブラック企業▶︎大学院中退▶︎ホワイト企業に就職/事務職▶︎SEO・ブログ・アフィリエイトを頑張りたいです。

詳しいプロフィールはこちら