転職

給料が安いという理由で転職しても良いの?

投稿日:2020-08-08 更新日:

「うちの会社、給料が安すぎて、このまま働き続けていいのか不安・・・」

「転職も考えてるけど、『給料が安いから』なんて理由で転職していいのかな?」

「転職したら給料上がるかな・・・?」

給料が安くて転職しようか悩んでいませんか?

 

実は、転職の際の注意点をおさえておけば、給料アップもたいして難しいことではありません

 

なぜなら、僕hibikittyも実際に転職して、

・給料アップだけでなく、

・労働時間が短くなったり

・有給休暇も取りやすくなったり

したからです。

 

この記事では、給料が安いから転職して大丈夫な理由をお伝えして、転職時の面接やそのほか注意すべきポイントをご紹介します。

 

記事を読み終えると、今後の転職活動に必要な知識が身につき、転職によって給料アップ・待遇アップすることができますよ。

 

給料が安いという理由で転職しても良いの?

いいんです。

今の会社にしがみつく必要はないから。

たとえば、時給に換算してみて、1,000円いかない場合はかなりヤバイです。

 

僕もブラック企業にいたときは、残業代もつかず、1日15時間くらい働いて手取り1ヶ月で18万円くらいでした。これを時給に換算するとたったの500円!

 

4ヶ月で辞めましたが、働きすぎで椎間板ヘルニアを患ってしまいました。

もっと早く辞めればよかったと後悔しています。

 

その後治療を終えて転職したら、

給料20万、休日130日、退職金、年金上乗せ有り等のより高待遇を得ることができました。

 

なので給料が低いと感じたなら、転職して給料アップを目指すのも十分アリですよ!

 

「給料が安かったから」って転職面接で言っていいの?

いいけどそれだけじゃダメ。

未来につながるワードがないから。

 

誰でも現状に不満があるから転職します。なので「給料が低い」という不満を伝えるのは間違いじゃないです。

 

でも、転職先の採用担当からしてみたら、「うちでなにがしたいの?」という未来の話も知りたいわけ。

だから、現状への不満や反省 に加えて 今後のビジョン を伝えられたら大丈夫です。

 

給料が安いところに転職しない方法

信頼できる人に相談するのが一番。できれば内部情報をもっている人ならより安心。

 

詳しい内部情報をもっている人なら、仕事の内容だけでなく、実際の待遇はどうかまでわかるので、本当に給料アップできるのかがわかるから。

 

ただし注意点は、もらえる給料だけに注目していてはダメ

 

残業文化があり労働時間が長かったり、有給休暇が取りにくかったり、毎晩飲み会があったり、、、と違法すれすれの文化がある場合があるから。

 

内部情報をもっている信頼できる人に相談するのが一番いいです。

 

特にそんな人脈がないよ・・・という人は、転職エージェントに相談してみるのも手かと。

 

ほとんどのサービスが無料で受けられます。

 

まとめ

ここまでの内容をまとめると・・・

  1. 給料が安いなら転職しても良い【ただし条件あり】
  2. 転職面接で現状の不満だけでなく将来のビジョンを伝えよう
  3. 転職は内部情報を知っている人かプロに相談しよう

となります。

給料が安いことに不満があるなら、転職をするのが給料アップの一番の近道です。

これを読んだあなたはすぐに行動してみましょう。

行動すればきっと給料だけでなく、素敵な人に出会ったりして新しい世界が見えてきますよ。

-転職
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

30代 就職 資格

【東京限定】30代で資格が無くても正社員で就職する方法

「30代からの正社員への就職活動。資格なし。どんな資格が就職に有利かな?」 「無資格じゃ就職できないよね?でも今さら資格とる気力がないよ…。」 こんな悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 &n …

30代からの就職活動

30代・無職・正社員経験無し。もう就職はあきらめたほうがいい?

30代無職(職歴無し)「働かないまま30代に突入してしまったよ…。今は、ちゃんと働いて親を安心させたいと思ってる。」 「でも…、正社員経験が無いから転職サイトに登録しても内容ショボいし、転職エージェン …

Hibikitty

Hibikitty Blog 運営 | 【経歴】国立大学▶︎引きこもり▶︎中小企業▶︎ブラック企業▶︎ブラック企業▶︎大学院中退▶︎ホワイト企業に就職/事務職▶︎SEO・ブログ・アフィリエイトを頑張りたいです。

詳しいプロフィールはこちら