不妊治療

男性不妊の専門医のいる病院やクリニックはどこ?【実際に診察を受けてみました】

投稿日:

「精液検査の結果があまり良くなかった・・・。」

「男性不妊について相談や治療をしてみたいけど、どの病院(クリニック)がいいのかな?診察はどんな感じなのかな?」

 

今回はこんな悩みにお答えします。

 

本記事の内容

  • 男性不妊の専門医がいる病院・クリニックがわかる。
  • どんな診察内容かがわかる。

 

不妊治療専門クリニックであるはらメディカルクリニックに通って1年以上になります。これまで人工授精7回、採卵2回、移植3回受けましたが、妊娠という結果は出ていません。院長による診察だけでなく、着床不全外来、男性不妊外来も受け、はらメディカルクリニックの治療は一通り受けてきました。

 

今回は、男性不妊の専門医について解説し、僕が実際にはらメディカルクリニックで受けた診察の様子も書いていきます。男性不妊外来に行ってみようかと考えている方に参考になると思います。ぜひご覧ください。

 

男性不妊の専門医がいる病院

男性不妊の専門医とは

男性不妊の専門医とは、生殖医療専門医のなかで男性因子の不妊患者(男性不妊患者)を扱う泌尿器科医のことを指します。

 

生殖医療専門医とは、一般社団法人日本生殖医学会が認定している医師のことで、その中のほとんどが産婦人科医です。

 

現在、生殖医療専門医(名誉医療専門医を含む)は合計725名ですが、このうち、男性不妊専門医はわずか58名(8%)だけです(2018年4月1日現在)。

参考:生殖医療専門医 都道府県別一覧

 

生殖医療専門医の泌尿器科医一覧

日本生殖医学会のホームページに生殖医療専門医の氏名と所属の一覧が公開されています(再掲)。

ただ、このままではほとんどが産婦人科医で分かりにくいので、以下、泌尿器科医だけをリストアップしました(データは2018年4月1日現在のものです)。

このなかの勤務先については、非常勤等で他のクリニックを兼任している場合があります。先生の名前でググってみるといいと思います。

 

ちなみに、はらメディカルクリニックの男性不妊外来の担当医は大橋正和先生(荻窪病院)です。

 

僕の精液検査の結果では、精子無力症&奇形精子症でした。これに対してクリニックの判断は、「一部の検査所見が基準値下限域ですが、総合的に判断して男性不妊治療の必要はありません。」というものでした。

(このあたりのことは、精液検査の結果については、【初めての精液検査】検査結果はいかに!?運動率や奇形率はどうだったのか??で書きましたので、こちらも合わせてご覧ください。)

 

治療の必要がないとはいっても、何もしないでいるのももどかしいので、男性不妊外来を受けてみることにしました。

 

非常勤ということで、外来の日が週に1~2回しかないため、なかなか予約が取れませんでしたが、なんとか予約をしていざ診察へ。どのような診察だったでしょうか?

 

実際の診察は緊張しました

医師紹介

診察の話の前に、まずは医師を紹介します。

大橋医師(非常勤)
担当:泌尿器科外来(男性不妊外来)

男性不妊治療を専門とする数少ない泌尿器科医師。治療は薬物療法ばかりでなく漢方療法なども取り入れている。手術成績はTESE手術での精子採取率は35~48%、精索静脈瘤の精子改善効果は常に30%以上と全国平均を大きく上回っている。

略歴
慶應義塾大学医学部卒業。東京歯科大学市川総合病院、国立成育医療センターなどの勤務を経て、現在、荻窪病院で泌尿器科部長として勤務。趣味はガーデニングと川柳。

はらメディカルクリニック スタッフ紹介

男性不妊専門医として、十分信頼できる経歴をお持ちです。

 

診察内容

事前準備として問診票・精液検査・スクリーニング検査を受ける

診察前に、問診票をWEBで書いて送ります。また、男性不妊スクリーニング検査(血液検査)も受けます。

 

視診・触診

ここでやっと診察です。当日は土曜日で混んでいたのか、なかなか待っても順番が回ってきませんでした。受付の方がもう片付けの準備をし始めた頃にようやく番号が呼ばれて診察室へ。

 

診察室に入るなり、「ごめんね。待たせてしまって。」と、とても優しい雰囲気で話しかけてくれました。そして妻も同席するようにうながしてくれるなど、優しい感じがとても良く、話しやすい雰囲気でした。

 

診察では、まず、問診票や精液検査やスクリーニング検査の結果について話してもらい、「特に問題はないです」とのこと。

 

次に、視診・触診では、ベッドに横になって下半身裸になりました。そこでは腹部・陰嚢部を見て、手で精巣、精管をグリグリと揉まれて診察されました。

鼠径ヘルニアの経歴があるか、精巣の大きさやかたさはどうか、精管の有無や太さはどうか等が、「慣れた泌尿器科医なら触っただけで分かる」とのことです。ただ、グリグリやられている間はとても緊張しましたし、ぞっとする感じがしました。

そしてここでも「問題ない」とのことで、これで診察は終わりでした。

 

やはり、これ以上何か具体的に「治療」をすることはないようです。

 

これで診察は本当に終わりです。

最後に、日頃の生活を気をつけるように書かれた用紙をもらって帰りました。

 

まとめ

ここまでの内容をまとめます。

  1. 男性不妊の専門医とは、生殖医療専門医のなかで男性不妊患者を扱う泌尿器科医で、その数は全国でもわずかしかいない。
  2. 実際の診察では、検査結果や視診・触診をして問題ない場合はそれで終わり。たとえ精子無力症であってもそれ以上の治療方法はない。

 

日頃の生活では、サプリメントを摂る、風邪を引かないようにする、十分な睡眠をとる、ストレスをためない等といったことに気をつけています。

これらによっていくらか精子状態の改善も見られているので、続けていこうと思っています。(これらの生活改善の方法については、下記のおすすめ関連記事で解説しましたのでぜひご覧ください。)

 

以上、「男性不妊の専門医のいる病院・クリニック【実際に診察を受けてみました】」でした。

少しでも参考になれば幸いです。

それではまた!

 

おすすめ関連記事

オススメ【初めての精液検査】検査結果はいかに!?運動率や奇形率はどうだったのか??

オススメ【おすすめ】男性向け妊活サプリメント5選【実体験から厳選しました】

オススメ季節の変わり目になると風邪を引いてしまうあなたへ – 風邪を予防する3つの方法

-不妊治療

執筆者:


コメントを残す

関連記事

【おすすめ】男性向け妊活サプリメント5選【実体験から厳選しました】

これから妊活を始めたいけど、元気がなく体力が続かない… 精液検査をしてみて運動率や正常形態率があまり良い結果じゃなかった… だから、男性向けの妊活サプリを飲んでみようと思う。おすすめのものを知りたい。 …

【脱不妊】妊娠するまでにしたこと

長らく不妊治療を続けてきた私達夫婦ですが、ついに妊娠したことを、ご報告します。   判定日に医師から「着床してますね」と言われた際、思わず「えっ」と声が出てしまいました。   20 …

【レビュー】男性不妊・妊活サプリメント【海乳EX】を1年以上飲み続けた感想

不妊治療に関して、今でこそいろいろな知識がありますが、始めた頃は、精子状態の改善のためには亜鉛が良いということぐらいしか知りませんでした。 僕は、精液検査の結果、運動率が低く精子無力症と診断されていま …

体外受精2回目実施!ショート法でどれだけ採卵できたのか?費用は?

9月に入り、ずいぶんと涼しくなり、過ごしやすくなりました。 もう秋ですね。(^^) 暑さは精子の天敵なので、涼しくなって精子にとっても良かったと思います。 日本全国の精子がこれでイキイキすることでしょ …

近所のクリニック(婦人科)から不妊治療専門クリニックへ転院するまで

一旦涼しくなったと思ったら、また暑くなって、身体が結構しんどいです(^_^;) 暑さ・熱さは精子の敵でもあります。 なので、なるべく涼しくして過ごすように心がけています。 さて、今回の記事では、不妊治 …

Hibikitty

Hibikitty Blog 運営 | 【経歴】国立大学▶︎引きこもり▶︎中小企業▶︎ブラック企業▶︎ブラック企業▶︎大学院中退▶︎ホワイト企業に就職/事務職▶︎SEO・ブログ・アフィリエイトを頑張りたいです。

詳しいプロフィールはこちら